読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kakts-log

programming について調べたことを整理していきます

Go 変数宣言についてのまとめ

Go プログラミング テクノロジー

仕事で Goを使う機会があったので、基本から勉強していて、変数宣言について気になった点についてメモがてらまとめます。

Golangにおける変数宣言において、 varをつかって変数宣言をするのが一般的

package main

import (
  "fmt"
)

func main() {

  // int型で宣言 初期値指定なし
  var i int

  // iとjをint型で宣言 初期値指定なし
  var i, j int

  // iとjをint型で宣言 初期値指定あり
  var i, j int = 1, 2

}

上記の方法だと変数毎に型を指定しましたが、 := をつかえば、型を指定せずに、暗黙的に変数宣言ができます。

package main

import "fmt"

func main() {
  var i, j int = 1, 2

  // := は暗黙の型変形
  k := 3
  c, python, java := true, false, "no !"

  // 1 2 3 true false no ! と表示される
  fmt.Println(i, j, k, c, python ,java)

  var i int = 1
  j := "1"  // string
  k := 1    // int

  // 変数型の確認
  fmt.Println(reflect.TypeOf(i))
  fmt.Println(reflect.TypeOf(j))
  fmt.Println(reflect.TypeOf(k))
}

ただし、:= をつかった暗黙的宣言は、基本的に関数スコープ内でのみの利用が可能で、関数宣言外では利用できません。

package main

import "fmt"

// 関数外での暗黙的宣言
l := 1
func main() {
  t := 1
  fmt.Println(t)
}

// コンパイルエラーが出る
$go run test-type.go
./test-type.go:7: syntax error: non-declaration statement outside function body