読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kakts-log

programming について調べたことを整理していきます

osX サブモニター2枚で最高のデスクトップ体験を

 自宅用のmacbook pro15インチ用に、23インチのサブディスプレイを購入しはや半年。自宅でいろいろ作業をしているともう一枚ディスプレイがあれば良いなという欲求がどんどん出てきてしまい、benq GL2450を購入しました。

このbenq GL2450、通常の横長だけでなく、縦に画面をピボットできるので、こうなるともう24インチの縦型表示用として使いたいという欲求はどうしても出てくるのではないでしょうか。 
 
 24インチの広大なスペースを縦型表示でということで、わくわくしながら買ってきたのですが、osXにおいてサブディスプレイの縦型表示が果たしてできるのかと考えずに買ってしまい、設定中に案の定手こずってしまったので、一応メモ。

 macbook proと11枚目サブディスプレイと2枚目サブディスプレイをつないだあと、
「設定」→「ディスプレイ」
でディスプレイの枚数分の画面設定ウインドウが開く
そこで、立て画面表示に対応させたい画面のウインドウに、「回転」項目があるので、90度回転させる



回転させると、一応このディスプレイだけちゃんと90度回転させて縦表示になったのですが、解像度がおかしい
そして解像度を修正してみると3枚全部にてきようされてらちがあかないという状態になりました

ぐぐったら、GPUによってはmacで立て表示できないうんちゃらという内容の物がいくつかあり、ひょっとして正常に縦表示できないのでは?と思ったんですが、あることを見落としてました

macbook本体のディスプレイ設定の
「配置タブ」のところに
「ディスプレイをミラーリング」項目にチェックがついていて、これをはずしたらサブディスプレイ2枚のさいきょうのディスプレイ環境が出来ました!

どうやら設定を一回いじるたびにこのミラーリング項目にチェックがはいってしまうらしいです。

24インチ縦表示まじではかどるので、おすすめです。